スタッフブログ, 佐賀支店

【佐賀店】紅葉・黄葉

師走というのにまだ今年の目標にはるかに届かない生活を送ったり、ましてや今年の目標を忘れてしまった。

いや、そもそも今年は目標立ててさえいない。

そんな一年間を過ごしてきた皆さん、こんにちは。

グレンタ佐賀店です😊

さて、最近はめっきり冬らしくなり寒くてたまりません。

先日は佐賀市でも雪が降ってました。

毎朝犬の散歩に行ってますが最近は犬があまり行きたがらなくなりました。

ストーブの前で寝ています。 室内飼いになったから、だらけ切ってますね。🐶

先日会社の駐車場を掃除していたらこんなもの見つけました。

境界杭のことではありません、横に生えている雑草です。

なんと紅葉しているではないですか。

で、思ったわけです。

なんで葉っぱが赤くなったり黄色くなったりするの?     疑問は調べましょう。

紅葉するのは落葉樹です。 じゃあ上の草は紅葉とは言わないのでは?。多分違うよね。

寒くなると木も嫌なので少しでも寒さにさらされる面積を小さくするために葉を落とすそうです。

また、葉の行う光合成によって得られるエネルギーより葉を維持するためのエネルギーのほうが多くなってしまうので無駄なものとして切り落とす。

寒くなると葉の中にあるクロロフィル(葉緑素 小中学校の時理科でならいましたね~。 覚えてます?)が壊れていくそうです。

葉の中にはもともとカロチノイドという色素が含まれていて緑色のクロロフィルが壊れたために黄色のカロチノイドの色が出てきたというわけです。

イチョウなどがこうなりますよね。これを黄葉というそうです。 あまり聞きなれない・・・

赤くなるのは、日照時間が少なくなりだんだん寒くなると葉と枝の間に離層といわれるコルク状の物質ができ、これにより光合成によってできた糖分が木のほうへ行かずに葉の中にたまっていきます。

そこに日光が当たると先ほどのクロロフィルが分解されて糖分と反応してアントシアニンという物質ができます。

これが赤い色素で、これが増えて葉が赤くなるという仕組みです。これを紅葉というそうです。

赤と黄色とでは仕組みが違うのですね。

 

紅葉、黄葉、あと褐葉があります。

 

 

グレンタ(佐野恵樹園)では YouTubeを開設いたしました! 是非動画も見てください✨

お庭の工事のこと気になる方は是非見てみてくださいね😄✨

HPからお問い合わせはこちらから↓↓↓

スタッフ一同心よりお待ちしております

【施工事例】更新中⇒こちらをクリック

【インスタ】更新中⇒こちらをクリック

【グレンタ佐賀支店LINE】からのお問合せもお気軽にどうぞ😆

友だち追加

⇑上のボタンから友だち追加後、メッセージ入力からお問合せをして頂いております🌈

お庭のことでお困りの際はglantaへお越しください。

久留米本社・佐賀支店・筑後支店スタッフ一同お待ちしております✨

Related Posts